ネパールフェスティバル2009に行ってきました

皆さんこんばんわ。

さて、本日部屋でまったりとすごしておりますと、Twitter経由でネパールフェスティバルという気になるカレー的単語が。

しかも発信源は著名なカレーブロガーはぴいさん

1000件以上のレビューを誇るカレーブログや、人類の永遠の夢である、家庭で使えるタンドール鍋製作を目指すポータブルタンドールプロジェクトを運営しながら、最近では、おごるTVに顔出し出演するなど精力的に活動を展開される彼が、ネパールフェスにいらっしゃる!加えて場所は日比谷公園。結構近所です。

ということで、予定をちょこっと変更して、自転車飛ばして行って来ました。

休日仕様の晴海通りを抜け、有楽町のガード下をくぐり、帝国ホテルの横を通り過ぎると、目的地は直ぐそこです。

R0015414

絡みつくような熱気と湿度と曇り空が、いい感じでエイジアンな雰囲気を高めています。派手なパラソルと色んなスパイスと肉が焼ける臭い。人の臭いに酒の臭い。そしてアジアな方々の大きな声。

現地でTwitterを駆使しつつ、はぴいさんとなんとか合流!その後、はぴいさんのお知り合い、iPhoneカレー部のケンさんゴリさんともお話させていただきました!

以下会場の雰囲気を写真メインで!

R0015428

周りを取り囲むでっかいビルとの対比が相当面白いです。

R0015420

屋台もたくさん。食べ物系と雑貨系が半々くらいでしょうか?お客さんにはネパールの方が多いみたい。外国の方の笑顔はなんかずるいほど笑顔な気がします。奥にこめられた感情を読み取りづらいだけなのかもだけど。

R0015422

さて、肝心のカレー的な食べ物ですが・・・

お金下ろすの忘れてました。700円しか持ってません。

というわけで、ワンコインで食べられて、面白そうなものってことでこちらをチョイス。

R0015423

マトンと野菜のピリ辛炒め。+チウラ(ライスフレーク)

いやー。外で食べるならマトン!+アルファ、いまだかつて食べたことが無いものってことでチウラ!米を炊いてつぶして乾燥させた保存食だそうです。

はぴいさん曰く「これ(チウラ)を食べるのは修行」とのこと。

一見、オガクズか削った土壁のようにも見えなくもありませんが、早速頂いてみましょう。

・・・・

・・・

・・

う・うん。チウラ!

なんか素朴!っていうかもっさり?保存食って感じですね。野外で食べるサバイバルフードというか、オートミールと同じベクトルにある食べ物に思えます。世界は広い!

マトンのほうはクミンが効いた赤身肉。かみ締めるたびに旨みが染み出すので、チウラと一緒に食べるといい感じ。お酒のつまみに最適です!

さて、話はもどって皆様とのトーク。

フェス特有のゆるーい空気が流れる中で、カレーのトークはそこそこに、いつのまにやらブログを書くときのポリシーのこととか、ネットを使った情報発信のこととか、CGMとお金のこととか、色々ディープなお話に発展!(休日は普段全くしゃべらないので、ちゃんと会話ができていたか激しく不安です。)

久々にポーケンも使えて実にエキサイティングでございました!

やっぱり時々は外に出て、人とお話するべきですねぇ。

そんなこんなで、今週もがんばりたいと思います。

皆様今後ともよろしくお願いいたします!

ネパール家庭料理入門―日常食ダル・バートから祭礼食マスゥ・マッツァまで
ネパール家庭料理入門―日常食ダル・バートから祭礼食マスゥ・マッツァまで
農山漁村文化協会 1995-11
売り上げランキング : 264598

おすすめ平均 star
star大いに活用しています
star自分で作るネパール料理

Amazonで詳しく見る

by G-Tools