12402725964_b04dac522c_h

ヘルシーは甘え。ガッツリポテトサラダ(GPS)の作り方。

みなさんこんばんわ。 僕の定番レシピを備忘録的にご紹介するシリーズ、第二弾はポテサラです。 P1080459 ポテトサラダといえばお弁当や居酒屋でも定番であり、昨今は雑誌やらテレビやらで特集が組まれる人気のメニューです。酒とか弁当の合間に、「小さいころから食ってるけど、ポテサラっていいよなぁ」とかしみじみ現実逃避するノスタルジックフーズの代表格です。 僕も大好きです。 特に、サラダとか言いながら、主成分はデンプンと油というところ!ポテトチップスとそう変わらないくせに、人参とかきゅうりとか入れてその本質をごまかそうとしている姿勢がたまりません。何だかんだ言い繕ったところで、こいつらはマヨネーズをぶっかけたソース焼きそばやディップを塗りたくったポテトチップスと大差ありません。 そう!ポテトサラダにおいて、なにより大事なのはじゃがいものガッツリ感!そしてマヨネーズでブーストされたもったりとした粘りとコク! 何がヘルシーだ!何がモテだ!何が女子力だ!バカヤロー!!! というわけで、レシピです。

食材

  • じゃがいも(メイクイーン) 3個くらい
  • 玉ねぎ 半玉マヨネーズ
  • ベーコン (安いペラいのでOK)3枚ほど
  • マヨネーズ 大さじ2~
  • ワインビネガー 小さじ半分程度(なければお酢、レモン汁でOK。レモンは冷蔵庫に一つあると色々幸せになれます。)
  • 塩 小さじ半分程度
  • ブラックペッパー 少々

道具

  • 電子レンジ
  • サランラップ
  • フライパン
  • 延べ棒
  • ボウル

作り方

ざっくり言ってしまえば温めた材料を次々ボウルに投げ込んで、ガッと混ぜれば出来上がりの簡単メニューです。詳しく書くと下記の通り。

  1. じゃがいもの皮をむき、一つ一つラップに包んだら、電子レンジで6分~7分温めます。
  2. 取り出したじゃがいもをラップにくるんだまま、延べ棒でぐしゃっと潰します。潰したじゃがいもをボウルにいれてテキトウにほぐして粗熱をとります。(この方法が一番楽です。)
  3. 玉ねぎをスライスして、電子レンジで2分加熱。甘みをだしてやります。これも先ほどのボウルに加え、粗熱をとります。P1080442(今回は玉ねぎの辛みがきつかったのでさっと水にひたしてます。)
  4. ベーコンは適当に短冊切り、油をしかずフライパンで焦げ目がつく程度に炒めて香りを出します。これもボウルに放り込みます。P1080449
  5. 味付けです。充分粗熱が取れたら、ボウルにワインビネガーをいれて混ぜ合わせます。その後、マヨネーズ、マスタードをいれて混ぜ、最後に少しずつ、塩を入れます。しっかりもったりするくらいまで混ぜたら、冷蔵庫でよく冷やして完成です。P1080448
  6. 食べる前に全体に、がーっとブラックペッパーをかけていただきます。P1080459

このポテトサラダのポイントは芋の甘さとマヨネーズの掛け算をいかに引き出すか?ってところです。後をひき、ついついガツガツ食べたくなる感じに仕上げましょう。 甘さというと軟弱で物足りない感じに聞こえるかも知れませんが、しょっぱいのがいいならマッシュポテトやハッシュドポテトでいいのです。適度に甘く、軽くしょっぱい、そんな感じがちょうどいいのです。

 ※ご意見・ご感想などはTwitterまでどうぞ!