カテゴリー別アーカイブ: カレー

12106284_935653676506439_1488840204_n

第3回カレーイベントを終えて

みなさんこんばんわ。

先日お話をしたカレーイベント、今年も無事、終わりました。みなさまありがとうございます。

過去二年はカレーのシーズンである夏にやっていたのが今年は色々あって10月にずれ込んでしまったこと、三連休の中日という人が集まりづらいタイミングだったこともあり、集客面ではお店に迷惑をかけちゃうだろうなぁ…と思っていたものの、多くの皆様にお集まりいただき、例年通りの賑わいでした。

さてさて、今回のカレー、過去2年のバージョンと比べると相当にアレンジを変えておりました。材料はほぼ変わらないものの、鶏肉の利用部位を変えたり、玉ねぎ加工方法を変えたり、特に香味野菜とスパイスに関しては配合バランス、分量を大幅に変更。ギリギリまで分量を減らしています。

これまでのゴリゴリパワー系の押し出しから、随分とシュッとしたというか、丸くなったというか、クチの悪い友人からは「老けた」といわれるカレーでした。(しっかり完食してくれました。)

12139662_1666695203542182_1997300690_n

カレーとなると、とにかくパワー系なイメージですが、掛け算の料理だからこそ色んな要素の美味しさがきりっと倍加するのが見えるようにしたかったこと、長時間煮込んで発生する臭みと味のダレをどう制御するか?そして何より、いかに無駄を省いてその分掛けるべき手間に時間を費やすか?(楽をするか?)という点に向き合ってみたら、なんだかとてもすっきりしたのです。

また、ここ数年は、お外ではほとんどカレーやインド料理は食べておらず、外食はソバやら和食やらが多くなり、刺激的な味わいよりも広がる味わい、派手なインパクトよりも余韻余韻を好むようになったというのも、味作りにとっては大きかったと思います。歳ですね。(こんな風に書くと相当甘口なのか?と思われそうですが、みなさん結構発汗してました。後から効くのは相変わらずですよ。)

カレーと合わせるお米は今回、山梨県の武川米、農林48号を使用。粒がしっかり、味は濃いけどベタつかない、サラサラもいけるし、よく噛んでもちもちと味わうこともできる。スープ状の僕のカレーにはベストなものです。これもここ数年の旅行のなかで出会った食材でした。

12142643_1472913633017635_1685734688_n

早いものでもう3年続くこのイベント。おかげさまで、常日頃、こうあったらいいなと思っていた「旨くてらしさがあるけど、味噌汁のように馴染むカレー」というところには辿りつけました。

でもまだ完成ではありません。経験が味をつくります。もし4回目があるならば、もっと美味しく、自分らしいカレーを準備して臨みます。

それではみなさま、また会う日まで〜。

8471178730_0fe8c23dfb_k

第2回カレーイベント@キナッセを終えて

みなさんコンバンワ。

事後のご連絡で恐縮ですが、去る8月23日に、幡ヶ谷のワインバル、キナッセさんにてカレーイベントを開かせていただきました。昨年に続き、二度目の開催でございます。当日お越しいただいた皆様、ありがとうございます。

折角のイベントでしたので、概要とか、気づいたこととか、色々まとめておこうと思います。

続きを読む

【僕は】近況サマリー。カレーとか、パンとか日常とか。【生きてます】

皆さんこんにちわ。

さて、本当に随分と時間がたちましたね。もう3月です。桜が咲いたり花粉が飛んだり、大陸からの贈り物、黄色い砂が吹き荒れたりと世の中は春めいていますが皆様如何がお過ごしでしょうか?

僕の近況ですが1月に更新して以来、更新が滞り過ぎて、何から書いたものか全く判らなくなってしまったので、かくなる上は近況をダイジェストでお届けしたいと思います。

R0016405

続きを読む

ネパールフェスティバル2009に行ってきました

皆さんこんばんわ。

さて、本日部屋でまったりとすごしておりますと、Twitter経由でネパールフェスティバルという気になるカレー的単語が。

しかも発信源は著名なカレーブロガーはぴいさん

1000件以上のレビューを誇るカレーブログや、人類の永遠の夢である、家庭で使えるタンドール鍋製作を目指すポータブルタンドールプロジェクトを運営しながら、最近では、おごるTVに顔出し出演するなど精力的に活動を展開される彼が、ネパールフェスにいらっしゃる!加えて場所は日比谷公園。結構近所です。

ということで、予定をちょこっと変更して、自転車飛ばして行って来ました。

休日仕様の晴海通りを抜け、有楽町のガード下をくぐり、帝国ホテルの横を通り過ぎると、目的地は直ぐそこです。

R0015414

絡みつくような熱気と湿度と曇り空が、いい感じでエイジアンな雰囲気を高めています。派手なパラソルと色んなスパイスと肉が焼ける臭い。人の臭いに酒の臭い。そしてアジアな方々の大きな声。

現地でTwitterを駆使しつつ、はぴいさんとなんとか合流!その後、はぴいさんのお知り合い、iPhoneカレー部のケンさんゴリさんともお話させていただきました!

以下会場の雰囲気を写真メインで!

続きを読む

かれーの店 うどん@五反田に行ってきました【カレー行脚】

みなさんこんばんわ。

先日までデリーラッシュが続いておりましたので、今回のコンテンツは心機一転、カレーの話をしたいと思います。

今回ご紹介するのは、Twitter経由でyummuuさんに教えていただいた五反田のスープカレーのお店。

カレーの店うどん」!(yummuuさんありがとうございます。)

はい。うどんです。カレー屋ですが名前はうどん。謎です。開いた瞬間にイラッ☆とくる公式Webサイトを頑張って読むと、名前の由来が載っています。曰く、

「家族と飲んでいるときに、 甥っ子(当時小学1年)に店の名前なにがよいか聞いたら”うどん”と言われ、酔った勢いで決めて・・・」

とのこと。ますます訳がわかりません。

さて、お店の場所ですが、五反田駅を降りて桜田通りを南下、大崎広小路の交差点を右に曲がってしばらく進み、ローソンの手前の角を曲がったところです。(Googleマップ

うどん 外観

外見は「うどん」という特長のある名前の割りに、こんな感じでいたってシンプル。一方で店内は壁面がイエロー・エメラルドグリーン・レッドに塗り分けられており非常に目にまぶしい感じ。

うどん 看板

店先に立てられた木製の看板には、「すーぷかれーの店」とあります。事前情報によれば、こちらのお店のカレーはスープカレーということで納得ですが、屋号と看板の文言の不一致には違和感を覚えますが、そんなこと気になるのは、腹が減ってるせいでしょう。カレーの前では小さな問題です。

まだ18時少し過ぎくらいというちょっと微妙なタイミングだったせいか、お客さんの姿はありませんでしたが、一応営業しているようなので、いざ突撃!

続きを読む